概要

ST-WANサービスのオプションとして、音声・画像や基幹系データなどリアルタイム性の高い特定のデータを他のデータより優先的に伝送する場合に、ST-WAN網においても優先度の高いデータから順次送信先まで伝送する「QoS機能(優先制御サービス)」を提供いたします。
これにより、お客さま機器で設定いただいた優先度に応じて、ST-WAN網からお客さま拠点への送信時(下り方向)に優先制御を行うことが可能になります。

サービス内容

制御方式 ST-WAN網からお客さま拠点への送信時(下り)に実施
提供品目 イーサネット品目および高速ディジタル品目(ADSL品目および利用回線は除く)
設定可能クラス数 4段階まで設定可能(高速ディジタル品目の場合は3段階)
クラシファイ対象 TOS(Type Of Service)【注1】 またはCOS(Class Of Service)【注2】

【注1】TOS:IPヘッダー内のTOSフィールドのIP Precedence(先頭3ビット)の情報。
【注2】COS:MACフレームのVLANタグ内「ユーザ・プライオリティ」フィールドに格納される3ビットの情報。

QoSサービスのメリット

通信データ量が瞬発的に増大した場合でも、優先度の高いデータはその影響を受けることなく、契約帯域を変更(増速)せずに、ほぼ同品質のサービススペックを保つことが可能です。

お客さま側で設定(準備)いただく事項

ST-WAN QoSサービスは、お客さま宅内で付与されたTOS/COSを元に優先制御を実施するため、お客さまのネットワーク環境に合わせて、

  • プロトコル(アプリケーション)
  • 送信元アドレス(IPアドレス/アドレスマスク/ポート番号)
  • 送信先アドレス(IPアドレス/アドレスマスク/ポート番号)
  • 各種サーバー、アプリケーションで付与された明示的な優先度情報

等をベースに、優先度をTOSまたはCOS値に付与していただく必要があります。

料金

詳しくは当社営業担当者までお問い合わせください。

注意事項

  • この機能は、有料にてご利用いただけます。
  • この機能は、アクセス回線がイーサネット品目および高速ディジタル品目のものについてのみご利用いただけます。
  • この機能に係るその他の提供条件については、弊社が別に定めるところによります。